誰でもできる!ゴーヤを使ったお手軽な壁面緑化

コメントは受け付けていません

壁面緑化のメリットとは?

壁面緑化は手間とお金がかかるので難しいと思っている人もいるかもしれません。しかし、ゴーヤなどで緑のカーテンを作れば誰でも簡単にできます。ゴーヤを育てるのはそれほど大変ではありません。基本的には水やりさえ忘れなければ大丈夫です。ちなみに、壁面緑化をすると壁の温度が上昇するのを抑えられます。エアコンにかかる電気代を節約できますよ。ゴーヤの実を食べられるのも魅力ですね。それに、秋になったら撤去すれば良いのでお手軽です。

苗から育てるのがおすすめです

種から育てることもできますが失敗も多いので初心者はある程度育った苗を購入することをおすすめします。ゴーヤの苗はホームセンターや園芸店などで販売されています。苗と合わせてつるを巻きつけるためにネットも買いましょう。苗は30センチ程度離して植えます。ある程度育ってきたら中央の太いつるをカットします。こうすることでゴーヤが横に伸びやすくなります。つるは最初のうちはネットに均等に伸びるように誘導してあげたほうが良いかもしれませんね。

育てるときに気をつけること

ゴーヤを育てるときに一番大切なのは水やりです。朝晩必ず水を与えるようにしましょう。成長が遅い場合は肥料を加えると良いでしょう。また、ゴーヤは丈夫ですが病気にかかることもあります。葉っぱが白っぽくなってきたらうどんこ病です。そのまま放置しておくと枯れる可能性もあるので薬を使うことをおすすめします。なお、ゴーヤの実が多いと葉に養分が行き渡らない恐れがあります。壁面緑化目的の場合はある程度実を取り除いたほうが無難です。

環境破壊が深刻となっている今、環境保全に役立ち手軽に出来る壁面緑化はとても重要です。まずは簡単なゴーヤなどから始めてみませんか。

作成者

ページトップへ戻る